はじめてのカープフィッシング:仕掛け編

久々にこのコーナー
初心者向けカープフィッシング講座第二弾は仕掛けの話です

以前(相当前だが)このような記事を書きましたが、今回は少し掘り下げて
仕掛けの話をしましょう

◆セーフティーリグ

とりあえず取っ掛かりとして出来合いのリグを紹介しましたが
自分でリグを作ると、鯉釣りについて色々考えられて深く楽しむことが出来ます
まずはセーフティーリグについて考えましょう

001

セーフティーリグは道糸からリグチューブ、その下にオモリを固定するクリップとテールラバー
オモリが中通しの場合はテールラバーだけでOKです
そしてスイベルがありそこにヘアリグを付ける形になります
このスイベルはクイックリンクスイベルなどの種類もありヘアリグの交換が安易になります

問題はこのセーフティーリグを構成するパーツ群が通常の釣具屋では
まず手に入らないという点です
カープフィッシングに力を入れている店舗があればいいのですが
そんな店舗日本全国でも両手で数えられる程度しかありません
有名店舗でも餌や出来合い仕掛けを売るだけで細かなパーツはほぼ手に入りません
そこで手っ取り早いのがオンラインショップの利用です
このブログのLINKでも数店舗紹介しているのでそこで探してみたください

セーフティーリグを構成するパーツは
リグチューブ
テールラバー
リードクリップ
スイベル
です
001.jpg

ちなみに僕のおススメはリードクリップを利用したセーフティーリグです
中通しに比べてリードクリップというパーツを追加で使いますが
使うオモリは管が付いていればどんなオモリでも使用できます
つまり、オモリは安価な六角オモリなどを使用、重さも多くの在庫から好みの物をチョイスできます
カープフィッシング用の中通しオモリの入手性や価格に比べれば天地の差です

さて、上記のパーツの中でリグチューブがなんで使うのか?という疑問をお持ちの方もいると思います
このパーツは商品の性質にもよりますがタングステン入りの物であれば道糸をしっかり沈める事ができるため鯉に無用な警戒を与えないという効果が望めます
それ以外に重要なのはファイト中に鯉に道糸が引っ掛かり鱗を剥がしてしまったり無用なケガを防げます、あとはストラクチャーの擦れ防止ですかね

作り方はいたって簡単
メインラインにリグチューブ、テールラバー、リードクリップを通し
最後にスイベルにラインを結べばOKです
リグチューブを軽くテルラバーの先に通し、テールラバーをリードクリップにはめて
リグチューブから先のメインラインを引っ張りながらスイベルをリードクリップに入れれば完成です
オモリを取り付けるときはテールラバーを外し
リードクリップのクリップ部分(?)にオモリの管を通します

セーフティーリグ、この名前は道糸が切れればリグ自体がバラバラになり
鯉とのファイト中にラインが切れた場合
鯉がオモリを引きずる事が無くなるためセーフティと言われています
どんな釣りでもそうですが対象魚と自然に最大限配慮する事が釣り人に求められます
そんな考えの元にヨーロッパで開発されたリグです
自身が出来る限りで構いませんので魚には優しく、これを忘れないでください

◆ヘアリグ

ヘアリグには多くの種類があります
シンプルなボトムリグやフッキング率を高めるブローバックリグ、ポップアップ使用を前提としたDリグ
その他アレンジを加えるとキリがありません
またそれが楽しいわけですが・・・
とりあえず出来合い品を卒業して自分でリグを組むことを考えてみましょう

ヘアリグはご存知の通りボイリーを餌として成立させるためのリグです
フック・ハリス・その他で構成されています

・フック
カープフィッシングで主に用いられるフックは管付きと呼ばれるものです
形状や大きさは様々ありますがとりあえず簡単に手に入る管付きチヌ針がおススメです
2~5号ぐらいがベストだと思います
メーカーにより大きさが変わる場合があるので色々試してみてください
カープフィッシング用の針の形状は
ロングシャンク(針元の軸が長い物)やワイドケーブ(懐が広い)等があります
ロングシャンクは吸い込みが良く、ワイドケーブはファイト中のバラシを減らす効果があります

・ハリス
カープフィッシングで使用するハリスは多く
主に使われているのがコーテッドブレードラインです
薄い膜で覆われたPEラインの事です
これの利点はコーティングされている膜を剥がすことでPEのしなやかさ
そしてコーティングされている部分は適度な張りを持ち
吸い込みの良さ、オモリからフックまでの張りをある程度保ちフッキングを良くする
等の鯉釣りに最適な要素を持っています
ただ、高い・・・
それ以外にはPEのみのブレードライン、フロロカーボン、ナイロンと多様です
正直ヘアリグを作れるならどれでも構わないと言うのが持論ではあります
まずは敷居の低いナイロンラインで作ってみて、好みのハリスを模索するのが一番だと思います

・小物
リグを作るうえで必要な小物は多くあります
ブローバックにはリグリング、Dリグにはガン玉やリグスイベル
フックに角度を付けるためのアライナーやシュリンクチューブなどもあります

◆ボトムリグの作り方

という訳でまずは基本的なボトムリグの作り方を紹介しましょう
用意するのは
ハリス-ここではナイロンライン
フック-お好みで管付きの物を
リグチューブ-セーフティーリグのあまり等を使用
ニードル-ボイリーを通すのに使うもの
ボイリー-使用する予定の大きさのボイリー

1、ニードルをひっかけるチチワを作る
002.jpg

2、リグの邪魔にならないように小さく作るためニードルを用いて作ると良い
003.jpg

3、チチワと逆側からリグチューブを小さく切った物を通す
004.jpg

4、リグチューブに針の先を通す、この時針の向きを間違えないように注意する
005.jpg
006.jpg
007.jpg

5、実際の使用を想定した大きさのボイリーを通す
008.jpg

6、ボイリーから針の懐までの距離をラインを引っ張って調整する
一般に5㎜ぐらいの間隔を開けると言われるが好みで
009.jpg

7、ハリスを管に一度通して、奥から手前に向かって5~10回針の軸に巻き付ける
010.jpg

8、最後にもう一度管を通してハリスを引っ張りギュッと締めればOK(ノットレスノットと言う)
011.jpg

後はハリスの先にチチワを作ってセーフティーリグのスイベルに付ければ仕掛け全体の完成です
使用するボイリーの大きさやダブルベイツ(二個付け)などに合わせたヘアの長さの仕掛けを数種類用意すれば完璧です

少し派生したリグとしてチューブを無くしたリグも存在します
最もシンプルで最も基本的なボトムリグです
ボトムボイリーにポップアップボイリーを付けたスノーマンスタイルに最適なリグになります
これですでに二つのリグを作れるようになったと言えますね!
市販品と違い、好みのボイリーを使用するのに適したリグを自分の手で作ることが出来る
多くの引き出しがあればそれだけ多くの魚に出会う可能性が広がると思います
皆さんが身近な巨大魚に出会える事を願っています

Surface Carp Fishing

鯉釣りをやっている方なら一度は耳にしたことがあるだろう『パンプカ』
針にパンをくっつけて水面に浮かせる
ちぎったパンを投げていると水面に浮いてくる鯉がパクパクとそれを食べて
針の付いたパンもパクリッ と、まぁそんな釣り方である

実はこの釣り方
ヨーロッパにも近い物が存在する、それがSurface(水面)Fishingという分類に入る
日本のパンプカとの違いは、ヘアリグを用いる事と餌は浮上性のペレットなどを付ける事
専用(類似品)のフローターを用いる事である

上の動画がDAIWAが代理販売しているKORDAのフローター

こちらはFOXという釣り具メーカーのフローターを用いた動画

リグに関していえば道糸にフローターを通して固定し、スイベルからハリス+フックを接続する形
通常のカープフィッシングで用いる様なヘアリグとは違い、針の根元近くに餌が付くようヘアが短いことである

あとは撒き餌を豊富にするぐらいか
このSurfaceFishingはここ最近のヨーロッパでの流行りだそうで
通常のユーロスタイルじゃつれねぇ!じゃぁ浮かすか!!

同じ魚種をターゲットとして、国の違いはあれど同じような事を考えて実践しているのは面白いですね

仕掛けの話

こんばんわ!

なんとなくですが仕掛けの話です
とは言っても自分はそんなに特殊な仕掛けを使用しているわけでもなく
ただただ日頃使っている仕掛けの紹介

001.jpg

道糸から
ナツメオモリ1.5~3号
KORDA リグチューブ 適量
KORDA テールラバー・リードクリップ
オモリ 六角15~25号
スイベル FOX クイックチェンジスイベル
ハリス FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb 15~30cm
FOX アンチタングルスリーブ
フック その時々

ちょっと変わっている所と言えば、リグチューブの上にナツメオモリが付いている事でしょうか

コレは去年釣り場で偶々お見かけしたユーロスタイルの人が
レッドコアの上に同じようにナツメオモリを入れていて
あぁ、これならリグチューブが道糸に引っ張られて浮かないな・・・と
特に流れの有る河川では道糸が流れに引っ張られてどうしても浮き上がってしまう
鯉は餌を見つけると、餌の周りをグルグル回って観察したり
進入角度によってはこの道糸やリグチューブに触って逃げてしまう

バックリード(投げ込んだ後道糸に掛けてラインを沈めるオモリ)を使って道糸全体を沈める方法もあります
ただ、水底にゴミや朽木などが落ちていた場合、ラインが絡んで・・・
という不安もあり、この仕掛けになりました
水底の状況を掴んでいる場合はコレにバックリードを追加したりしています
バックリードは特に風が強く吹いている日はラインを手前からしっかり沈めて
風の振動を抑える役目もしてくれます

静かに静かに
魚の邪魔をせずジッと待つ仕掛け
これが肝要かと

さて、週末三連休を迎えますが
自分は日曜日にヘラブナ釣りへ!
前回流れて結局行けていなかった場所へやっと行きます
ふふっ、腕が鳴るわ

鯉釣り的キャスティング方法

どうも体調不良が続いてまともに釣りしてませんが
今週もちょっとした釣りネタを・・・

リールを使った釣りにおいて初心者~中級者までが悩むのがキャスティング
つまり投げ方ですね

思ったより飛距離が出ない、右や左に曲がる等々、様々な要素があると思いますが
この記事ではとりあえずまっすぐ飛ばすキャスティング方法
そしてルアーのキャスト方法、そしてロッドスペックに収まらないウエイトを投げる方法を紹介します

1、オーバースローキャスト
もっとも基本的でもっとも正確にキャストできる方法です

001

竿を体の中心線上、頭の上に構えます
そこから剣道の竹刀で面を打つように、まっすぐ振り出し
時計の10時の辺りで止めるイメージです
ラインを放すタイミングはオモリが頭上を通過した時です
とにかくまっすぐ正確に竿を振ることを意識しましょう
この時、仕掛けが左右にぶれる場合、風などの要素を除けば振り抜く最中に竿が左右にぶれている証拠です
まずは5割程度の力で振るようにして徐々に力を加えていきましょう

このキャスティング正確に真っ直ぐ仕掛けを投げるには最適なフォームです
初心者の方はこの投げ方をまず覚えると良いでしょう
しかし、この投げ方には問題がいくつかあります
まずロッドのキャパシティを超えるウエイトは投げられません
①から②への動作の時点で竿のティップ(先部分)に負荷がかかりロッドにはやさしくありません
また竿を振る距離が短くロッドのしなりを生かせず、たとえ全力で投げても飛距離があまり伸びません
砂浜からの遠距離を目指すのであれば竿をさらに下に倒す方法やV字投法などがあります・・・が鯉釣りではまず使いません
そこで次のステップアップとしてオススメするのが次です

2、ペンデュラムキャスト
重くて大きなルアーや仕掛けをキャストする方法です

002

①仕掛けのオモリを竿の一番手もとのガイド辺りまで出す(たらしを長く取る)
この時、後方をしっかり確認して安全を確保する
②仕掛けを軽く前に振り竿をゆっくり後方へ振り被る
つまり振り子の要領で仕掛けを後ろへ振る
③仕掛けが一番後ろへ振れた時にキャスト動作を開始し竿に仕掛けの重さをしっかり乗せてしならせる
④そのまま竿を振りぬき10時の位置でしっかり止める。指を離すタイミングはオモリが頭上を通過した時です

このキャスティングの利点は竿のベリーからバット(手元に近い部分)に負荷をかけて投げるため
竿の最も強い部分をしならせる事が出来ます
最初は難しいと思うので、たらしの部分を短めにして始めることをオススメします
このキャスティングでも竿をしっかり真っ直ぐ振ることが出来れば仕掛けが左右にぶれることはありません
オーバースローより確実に飛距離を伸ばすことが出来ますし、より重い錘を着けることが出来ます

3、ルアー投げ
余談になりますがルアーを投げるときのキャスティング方法です
鯉釣りでは使いませんw

003

①の姿勢からすばやくロッドを振り被ります
②でロッドをビタっと止めロッドのしなりを発生させます
③の時思い切り竿を振る必要はありません②でしならせているので軽くロッドを前に押し出してやるイメージです

よくバスをやっている方で、飛距離を出そうと全力で後ろ!前!と振っている方が居ますが
元々バスロッドやトラウトロッドは飛距離を出すための物ではなく正確なキャストを目的としたものなので
そんなにブンブン振り回してもただ正確性を失うだけでデメリットだけが大きいと思います

全体的にいえる事ですが、腕の力だけで投げようとせず竿のしなりを意識することと
上半身の軸がずれないように意識すること
振りぬいた竿をしっかり止めることを意識すればそれだけで気持ちよく飛ばすことが出来ます

以上、自分もまだまだのひよっこですが皆様の何かのお役に立てたら幸いです

※絵が汚くて申し訳ない orz

釣りの単位換算

風邪で暇なのでメモ書き
釣りに使われる単位は主に号・グラム・ポンド・オンスの四種類である
対象魚種によって使われる単位が変わるため、それがどの程度の重量なのか
熟練の釣り人でもない限りピンとこない

・ラインの単位

ラインは主に号とポンドでその強度が表示されている、2010年まで標準直径と強度の規定は存在しませんでした
現在は規定されており、フロロカーボンとナイロンは標準直径

標準直径=0.165mm=1号

ただしこれはあくまで標準直径で、例えば0.8号の標準直径は0.148mm
1.2号の標準直径は0.185mmで、この間である0.037mm以内であれば1号と表記できるわけである

次に強度の公式は

号数 × 4 = 強度(lbs)
強度(lbs)  ÷ 4=号数

となる
ちなみに1lb(1ポンド)は0.453kg

PEはまた違う基準が存在する。そう、デニール(d)である
・・・なんだよデニールって!
女性の方ならストッキングなどで目にしたことがあるかもしれない、男性諸君にはまったく馴染み無い単位
デニールとはある一本の繊維9000mのg数である
正確では無いが、つまるところデニール数値が高ければそれだけ太い(重い)と言える
ただ素材によっては比重が変わるため、一概に数値が高いから太いとも言い切れない
現在の規格ではPE1号=200dである
また強度公式は

号数 × 20 = 強度(lbs)
強度 ÷ 20 = 号数

だが、コレはあくまで目安であって正確ではない
定められている基準がデニールであるため、極細で強度もあり重量が軽いラインが開発されればD数値が低く強度が高いラインとなり必然的に1号=200d=???lbsとなる
ややこしくなるのでこれ以上の説明は省く

・オモリの単位(重さ)

オモリやルアー重量の単位である号・グラム・オンスである
バス釣りをメインにされている方はオンスは馴染み深いと思う
他の魚種では号やグラムであるが、じゃぁ1号は何グラムで何オンスなんだ?

オモリの単位1号は1匁であるとされている
1匁は3.75g
つまり10号で37.5gである

次にオンス(oz)は1oz = 28.35g
大体1oz = 7.6号(28.5g)である
面倒だから8号1ozでいいやもう・・・

さらにozとgの換算は以下になる
オンス(oz)- グラム(g)
1/32 – 0.89
1/16 – 1.77
1/8 – 3.54
5/32 – 4.43
3/16 – 5.32
1/4 – 7.09
5/16 – 8.86
3/8 – 10.63
1/2 – 14.17
5/8 – 17.72
3/4 – 21.26
7/8 – 24.18

もう覚えるのも面倒くさい
さらに面倒なのはメーカーによっては1ozを大雑把に28gとしたり30gとしたりしている場合がある
もういっその事グラムに統一しろよ・・・

D-Rig making videos

自分的メモも兼ねていくつかご紹介
自作ボイリーするには敷居が高いけどRig(仕掛け)は手作りしなきゃね!!
ってことで、以前このブログでも紹介したD-Rigの作り方動画をご紹介します

この動画ではベイトをつける部分にOリングを使用していますが
ここを小さめのスイベルに代替することが可能です
あとはボトムベイトならそのまま、ポップアップならハリスにシンカー(ガン玉など)を打ちます
ハリスの長さはお好みで、接続部分をエイトノットにすれば完成・・・

ベイトの付け方まで動画で乗っていれば完璧だったのですが・・・文字で説明すると
余剰のナイロン糸をスイベルに通して輪を作りニードルでその輪にベイトを通す
余ったラインはライターであぶってベイトの頭に押し付けるようにすれば完成です

我がホームの多摩川では本当に釣果に恵まれることが少ないPOP-UP Rigですが
故にロマンを感じるリグでもあります

これからユーロスタイルを始める方へ

当ブログを開設してから鯉関係の検索で訪れてくれる方も多く
その中には初心者さんの使うキーワードが散見されるので
これからユーロスタイルのカープフィッシングを始めようと思われている方へ
出来るだけ安く、気軽に始められるような情報をご紹介します

1、ロッドとリールは流用可能

専用のカープロッドを用意する必要はありません
ある程度の強度がある投げ竿やルアーロッドで十分です
例えばシーバス用の9ft程度のMLかMのロッド
ちょい投げで使っているような3m以上(それ以下でもOK)、20号ぐらいの振り出し投げ竿など
ある程度のオモリ(12号~20号)を投げられれば問題ありません
飛距離を考える必要もありません
もちろん、飛距離が必要なポイントもあるとは思いますが都市河川や小中規模の湖や沼ではあまり必要ではありません
鯉は基本的に地形変化の有る場所を好み、それらは岸際にも多く存在するからです

リールは3号から5号を150m近く巻ければOKです
3000~4000のスピニングリール
キャスティング専用リールでもかまいません
鯉釣りのタックルは重量などは気にしなくて結構です
基本的に待ちの釣りで、タックルを手放している時間の方が長いため
高いけど軽いリール!よりは重くても頑丈で安いリール!が重宝します
もちろん手持ちのリールがあればソレを流用してください

2、仕掛けはシンプルに最小限に

まずは動画をご覧ください
基本的な道具のセッティング方法やカープフィッシングの基本が詰まっています

http://www.daiwaweb.com/jp/fishing/fishing-ch/movie/1194396_4385.html

とりあえず手っ取り早くユーロスタイルを始める場合
以下で仕掛けが簡単に用意できます

・KORDA リードクリップパック グリーン 1200円
(チューブ・テールラバー・クリップ・スイベルが5セット分入っています)
・オモリ ナス型or六角型の15号前後 400円
・ダイワ カープ ヘアリグ ロングジャンク #6 16mm用(ベイトストッパー同梱) 400円
・ダイワ カープニードル 300円
・ダイワ カープPVAバッグ M 1300円

値段は購入する場所によってピンきりですが参考価格を表記しておきました
これらのパーツや道具は一般的な釣具店では手に入り辛いため
ネットショップを利用して購入を検討してください

※補足
動画ではクイックリンクとリンクループが使われているが
スイベルにヘアリグの接続部分であるチチワを直接通してその輪の中に針を通して
引っ張れば接続されます

3、バイトアラームは必要か?

ユーロカープフィッシングの代名詞的な道具です
仕掛けを投入してからヒットするまでドラグをフリーにして
ラインをバイトアラームに乗せておくことでヒット時に電子音でアタリを知らせてくれます
ぜひ使いたい!!!と言う方は購入をご検討ください
ただ、無くてもカープフィッシングはできます
一般的な竿立てにロッドを置き、ドラグを緩く設定して穂先に鈴をつけます
昔ながらの日本鯉釣りスタイルですね
ボイリーを使ってヘアリグの仕掛けでとりあえず鯉を釣る!という方にはこちらをオススメします

バイトアラームもピンきりでありますが
以下の二つをオススメします
ネット通販でも割と手軽に購入できるはずです

・ダイワ オプトニックカープセンサー 2200円
・フォックス マイクロン M+ 5000円

さて、問題はこれらをセットするロッドポッドですが・・・
専用の物を買うと値段も結構しますし、何より担ぎ込むには大掛かりで重いものが多い
ここは自作しましょう!
自分は三脚の小型竿置きの腕にL字金具(家具固定用金具)を固定
そこにアラームを取り付けるようにしています
何度かブログの写真にも登場しているので詳細は省きます
三脚と金具など合わせて3000円もあれば自作できます
持ち運ぶのは小型の三脚のみになるのでとてもコンパクトになります

=======余談=======
実は海外では大掛かりなロッドポッドを使用する場合もありますが
短いバンクスティックに小型のブザーバー(アラームを取り付ける腕)を使用する事が多く
とてもコンパクトで軽量なのです・・・が、なぜか日本にはあまり輸入されず大掛かりなロッドポッドを使用している人も多い
もっとコンパクトな道具が日本にも流通するようになると良いなぁ・・・

4、ボイリー(エサ)

コレがなくては話になりません
また、コレを選ぶのが最大の魅力といっても過言ではありません
最近では多くのメーカーが日本に輸入されるようになっていて
中には日本で作られたオリジナルの物まで出回っています
しかし多くが輸入品であるため、よく在庫切れになったりするのでその場で選べる範囲で
お好みの物を選びましょう
・・・と言われても、何を選んだらいいかわからないと思うので大雑把な話をすると
初夏~秋 動物性の物 初冬~春 甘い系の物 でお好みの物を選びましょう
予算に余裕がある場合は二種類を用意するようにしましょう
価格は1kgで大体2200円前後です
鯉釣りをある程度経験したことある人なら「たけぇな!」と感じるかもしれません
そこで僕がオススメするのはフックベイツ(取り付けるエサ)以外は最小使用にとどめる、です

鯉釣りでは鯉を効率よく仕掛けに寄せるためにまき餌をします
先にあげたPVAバッグにつめて投入するわけですが
これにボイリーだけをつめて頻繁に投げているとすぐに1kgを使い切ってしまいます
そこでボイリーは数個だけにして、一般的な鯉用の練り餌を練らずに粉のまま詰めます
拡散性の高い鯉餌は魚を効率よく寄せて、なおかつ少数のボイリーが底に残り続けるので
魚をフッキングさせるには十分という訳です
しかも粉の鯉餌は安い!スイミー・荒食い・鯉パワーなどは500円程度で1kg
鯉夢想などは3kgで800円程度とバシバシつかっても痛くありませんし
ボイリー単品で寄せるより遥かに効率的です
これらの粉餌にボイリーを砕いたり半分に切って入れればOKです
水を入れる必要はありません、そのままPVAバッグに入れて投入してください
ただし入れすぎると、強い浮力が発生し沈む前にPVAバッグだけか外れる場合があるので
空気穴を開けたり、入れる量を調整してみてください

5、魚の取り込み

鯉の大きさは様々ですが多摩川でも中流域ではレギュラーサイズ60cm、下流に行けば70cmと
身近ながらとても大きな魚です
取り込む際にはタモ網が必須です
専用のランディングネットがもちろん最適ですが一般的なタモ網でも十分です
購入する時に気をつけて欲しいのはタモ網の枠サイズです
必ず60cm以上の枠を選びましょう、小さいと鯉が入りきらず危険なためです
また、シャフト部分は2m程度有ると便利です

さてランディングした後、魚を置く場所ですが
最良なのは魚を傷つけないように専用のマットの上です
無い場合は100円ショップで売っているレジャーシートやブルーシートに降ろしましょう
もし釣り場に十分な草や芝生がある場合はそこに置くのもマァマァの選択です(僕はコレばかり)
熱々のコンクリート地の上に置くのは論外です

長々とお付き合いありがとうございました
ザッと書いたので分からない部分も多いかと思いますが
不明なところが有った場合はこの記事のコメントで気軽に質問してください
また初心者向けの記事も適当に追加する予定です
コレを機会に身近に勝負できる大きな魚とファイトを楽しんでください!