ヘラブナ釣行記 震生湖編3

みなさまおはこんばんちはJUNです

6月3日(土)に一年ぶりぐらいになる震生湖へ行ってきました
過去2回は敗北を喫しているこの場所、今回も厳しいだろうと身構えて乗り込んだ

002.jpg

001

この湖は関東大震災で起こった崩落で出来た湖で、河川の流入はなく
地下水脈のつながりがあるだけ、その為か水質が安定せずちょっとした要因で魚の活性が激変する
また、深い場所だと無酸素になるという話を聞いた
バス釣りも盛んに行われているようだが、スレている事や上記の要因から激渋で
ここで釣れればどこに行ってもバスが釣れるようになるという状態
要するに厳しい釣り場なのだ

この日はとりあえず14尺を取り出し、チョウチン両ダンゴでスタートする
バラケて軽いエサが良いよという常連さんの情報通り、軽くエサを仕上げて行く
一時間以上打ち続けて触りが出て、そして待望の一発!!

003.jpg

まさに野釣りだ
エサと仕掛けを信じて打ち続けてやっと出る一枚
また、前回来たときより断然引く、魚の状態も悪くない

もう一枚追加して、やはり渋いので12尺に持ち替えて一発セットを試す
タナは竿一杯、ジャミも多いのでバラケは最小限で難しいアタリは見逃し大きい当たりだけ拾っていく
バラケエサが尽きてその後は両ダンゴへ

007.jpg

この日一番の良型、40アップであったが、残念ながらスレである・・・
参考記録ということで・・・

最終釣果は7枚、今までの震生湖では一番の釣果だ
前日は20枚とか聞いていたので、渋い日だったんだろうけど自分はコレで満足
あと、Uさんが使っていたマルキューの新エサ「カルネバ」も分けてもらって試せたのは良かった
正直粘麩より難しいエサだと思うが、軽くエサ持ちするため落ち込みを狙う釣りには最適だと思う
自分も長いハリスのときは落ち込みを狙うので、今度自分で買って色々研究しよう

004.jpg

写真じゃ分かりづらいけど90は越えている緋鯉ちゃん

話は変わるけど
ここ震生湖にはでかい鯉がうじゃうじゃいる
桟橋での釣りはヘラに限定されているが、オカッパリはバスもヘラもやっている人が居るので
きっとコイ釣りも出来るだろう・・・
釣りの最中、辛い時間帯に震生湖をぐるっと一周して竿を出せそうな場所をウロウロ

005.jpg

006.jpg

木々に囲まれ、カワセミが繁殖するような自然豊かな場所
ここでバイトアラームを鳴らすのは無粋な気もするが
一度やってみるのもありかな?かな?

タックル

竿 朱紋峰 煉 14尺 仕掛けチョウチン両ダンゴ
道糸1号 針ダンゴ鈎6~5号 ハリス0.6号 上45cm 下55cm
ウキ グラスムクトップカヤ 宙吊り用

竿 爽風12尺 仕掛け天々一発セット
道糸1.2号 針オカメ鈎4号 ハリス0.5号 上8cm 下60cm
ウキ パイプトップカヤ オールマイティ

竿 爽風12尺 仕掛けチョウチン両ダンゴ
道糸1.2号 針ダンゴ鈎6号 ハリス0.6号 上45cm 下55cm
ウキ パイプトップカヤ オールマイティ

エサ

①粘麩100cc+水100cc+凄麩200cc+マッハ100cc
②Sデザイン ピンク500cc+水100cc
③カルネバ200cc+凄麩100cc+マッハ100cc+水100cc

ヘラブナ釣行記 震生湖リベンジ編

三連休最終日の月曜日にいつもお世話になっているUさんOさんと震生湖へ

以前行った時はドングリやなんやのシブが入って水質悪化により最悪の状態
とても厳しい釣りでしたが・・・今回は

いや今回も渋いw
終わりに常連さんの話にもあったが、ここ震生湖では6月と10月以外はダメ
10枚行けば最高という厳しい場所なのだそうな

001.jpg

しかし今日は暑い!ファッキンホット!!
日中はまーったくウキが動かない
Oさん「ホント、修行だよ」
Uさん「修行だね」

サワリどころかジャミ当たりもない
餌を打ち込みウキがスーッと何もなく返ってくる
繰り返す、繰り返す
釣れない事には慣れている、ウキが動かないのも慣れている
・・・だがこの暑さの中集中してウキを見続けるのは想像以上に疲れるもので・・・
考えてみればルアーにしてもカープフィッシングにしてもこんなに長時間神経をとがらせてる事はない
ヘラ釣り恐るべし・・・

ウキが動き始めたのは夕方から
夏ということで両ダンゴで始めたけど結局釣れたのはウドンセット
で、釣果は合計4枚

002.jpg

この日一番の良型
ウキの動きも小さく、たまに出る大きなアタリはカラ
小さい当たりを上手く取れれば乗る・・・うーん
派手なアタリは小さい魚なのか・・・というか魚の釣れ方が真冬じゃねぇか!!
震生湖は色々考える必要がありそうだ・・・
とにかく前回の2枚を超える釣果が出せたので良しとしよう!

※個人的メモ

前回同様、粘麩と凄麩の組み合わせでバラケが弱いと思ったのでバラケマッハを加えることに
これもパッケージに書いてある粘麩1+水1+凄麩2+バラケマッハ1というブレンドで作る
んー、これでも持ちすぎているような気がするが確かに前回よりはウキの返りが早い
さらに粘麩を0.5に変えてみたがこれは帰りが早すぎた
タナで持たないので寄せるには良いだろうがちょっと違う気がする
次回の課題にしよう