ヘラブナ釣行記 厚木へら鮒センター5

8月11日
連休初日、天気が崩れているがどうなんだろう
んー、レーダー見ても雨薄そうだし行くか!
ということで1人でマッタリ行ける厚木へお昼頃から~

001.jpg

うーん、思ったより雨降ってる!
どうやらレーダーでは捉えられない程低い位置に雨雲があるみたいで
釣行中も結構降られました
シトシトと梅雨のような雨の中で、新しい餌のブレンドを試してみることに
これが当たったのか、投入二発目で一枚、その後も一投一匹レベルでかける
ただ当然のように魚影の濃いココではすぐに魚がワキワキに…

ウキが立つ場所にワキワキされるのが困るので
少し奥に餌が着水するように振り込む
アタリも明確、カラツンも少ない
どうやら運良くセッティングがハマったらしい
これは良い日になりそうだ

002.jpg

相変わらず雨が鬱陶しいが釣れているので問題ない!

と、二十枚弱重ねた所で魚を掛けた後、やり取りの最中に嫌な感触が
ボキッ!ではなく、ポキッという鈍い弱い音
……やっちまった
今日まで頑張ってくれた9尺の無心が折れてしまい
わずか三時間で終了
どうせ短尺しか使わないだろうと一本しか持ってこなかった…

多分傷が入っていたんだろうなぁ、派手な音じゃなかったし…
ま、コイツはこういう運命なんだったと
しかし、ハリスも0.5だったのに、折れる時は折れるもんだなぁ
次の短尺竿は何にしようか考えながら帰宅するのであった

タックル
竿 無心9尺 仕掛けセミチョウチン両ダンゴ
道糸1号 ダンゴ鈎5号 ハリス0.5号 上40cm 下30cm
ウキ グラスムクトップ カヤチョウチン用

エサ
①マッハ4水1+カルネバ0.5

※個人メモ
この餌、集魚力も強くバラケも早いので速攻勝負には良い
ただし棚に入れるには少しコツがいる
カルネバを0.5~1で調整
カルネバを入れてからしっかり混ぜること!

厚木HCの半日は10時から!!

広告

ヘラブナ釣行記 厚木へら鮒センター4

皆様おはこんばんちはJUNです

7月9日に厚木HCへ行ってまいりました
まずは謝罪、釣りに夢中で魚の写真しか取っておらず釣り場の写真がありません…

001.jpg

本日は朝一は12尺の底釣りでスタートしました
が、これが微妙な感じ…
魚が全体的に浮いているのでスレばっかり
早々に9尺メーターの両ダンゴへ切り替えて、そこからはボチボチ
「やっぱりJUN君は浅棚だよね!!」
とUさん…う、うん、数は釣れてるけど自分はそう思わないのですよ…

でもまぁ、浅打なは修行になる
ウキはよく動くし決めあたりも早く出るので回転が早く
どんどん合わせられる
ワキワキの状態もどうかわすか考えたり…
経験値は稼げたかな?

タックル
竿 爽風 12尺 仕掛け底釣り
道糸1.2号 針 ダンゴ鈎5号 ハリス0.5号 上40cm 下45cm
ウキ 細パイプトップ カヤ底釣り用

竿 無心9尺 仕掛けメーター両ダンゴ
道糸1号 ダンゴ鈎6号 ハリス0.6号 上20cm 下25cm
ウキ パイプトップ カヤ浅棚用

エサ
①粒戦細粒20cc+水100cc+ペレ道(つなぎグルテン入り)200cc
②DAIWA BASE1 300cc+水100cc
③浅だな一本200cc+水100cc+マッハ200cc+ガッテン100cc

ヘラブナ釣行記 厚木へら鮒センター3

みなさまおはこんばんちはJUNです

5月20日土曜日
この日は単独でこちらへ行ってまいりました

001.jpg

・・・わかんねぇよ!
いや、知っている人なら分かるか

実は釣りに夢中で釣り場の写真を忘れてしまいました
思い出した帰り道に坂の途中で取った一枚
厚木ヘラブナセンターです
何時もはUさんの車に同乗させていただいているのですが
今日は単独、電車とバスで向かいます

002.jpg

小田急海老名駅
すごーく久しぶりに降りたのですが、えらい綺麗になってますね
昔の記憶が通用しないw

で、肝心の釣りですが
初めて1人でのヘラ釣りですので
思い切りストイックに釣りしてやろうと、とりあえず14尺底釣りからスタートします
しかし思いの外浮きの動きがおかしい
底に落ち着く前に大きなアタリが出てびっくりして合わせるような感じ
もう少しゆっくりやりたいんだが・・・
こうなりゃ思い切って浅棚をやってやるぜ!ってことで9尺メーターに切り替え

スタートから浮きがよく動きます
流石浅棚
しかし、浮きが大きく動くもなかなか乗らない
どうもチグハグした釣りが続いて、ハリスを詰めたり
針を大きくしてみたり、浮きを変えてみたり

・・・・だめだ、上手く乗らない
大好きなガッテン単品でやっていたのですが思い切ってエサを変えることに
どうもエサが持ちすぎている気配がする
吸い込みも弱いのでバラケが早くて軽い餌が良い

考えた結果、浅棚一本をベースにしてエサを作る
コレがバッチリ的中
このエサにしてから一投一匹を続ける
沢山アタリがもらえ、さらに乗る乗らないのアタリもなんとなく分かってきた
ボール三杯を打ち切りこの日は終了
ちょうどエサ切れ時に上がりベラももらえて完璧な一日となった

003.jpg

一年そこそこの素人がエサブレンドを変えて上手く行ったのも運が良かったのか
それとも少ない経験から答えを導き出せたのか
ガンガン釣果を重ねて30越えてからは数えるのをやめました
数よりも自分の想像した釣りが上手く行った快感の方が満足感を与えてくれました

とりあえず管理人さんに
「あの場所でそれだけ釣れれば上々だよ」
と、お墨付きをもらったのでレベルアップしたことにしておこう!

タックル
竿 ヘラX 14尺 仕掛け底釣り
道糸1.2号 針 グラン4号 ハリス0.6号 上40cm 下45cm
ウキ 細パイプトップ カヤ底釣り用

竿 無心9尺 仕掛けメーター両ダンゴ
道糸1号 バラサ6号 ハリス0.5号 上20cm 下25cm
ウキ パイプトップ カヤ浅棚用

エサ
①粒戦細粒20cc+水100cc+ペレ道(つなぎグルテン入り)200cc
②ガッテン500cc+水100cc
③浅だな一本200cc+水100cc+マッハ200cc+ガッテン100cc

ヘラブナ釣行記 厚木へら鮒センター2

おはこんばんちはJUNです
連休最終日の月曜日

この日はUさんと共に前回も行った厚木へ
この場所は埼玉の釣り場に比べて近く、水深も程々で底釣りから浅棚まで色々出来る
今後もきっとお世話になる事が多くなりそうだ

002.jpg

さて、肝心の内容と言うと
この日も底釣りでスタート
前回は左手にある小池での釣り
底の変化がやや激しい場所だったため難しい釣りになったが
今回は右手にある大池の中央桟橋に入った

この場所は桟橋中央だと12尺程の深さがあり短尺でのチョウチン釣りが可能
自分も12尺一杯に浮きをセットして、しっかりと底立てをして・・・
エサは前回と同じペレダンゴで!

最初はアタリや触りが少なく静かなスタートだったが
次第にウキが動き出し・・・一匹!はスレだった
今日もスレ祭りか!?
と、前回の嫌な記憶が蘇るがその後は安定して口にかけることが出来た
しかし本当に魚影が濃い、エサ切れで竿を立てるとたまに魚を引っ掛ける程に

003.jpg

午後は9尺メーターの両ダンゴで釣果を重ねる
Uさん曰く

「JUN君はやっぱり浅棚だね!」

自分としてはそんなイメージは無いのですが、他の釣り場でも浅棚でいい結果を出す事が多い
自分がやりたいと思っている釣り方と、本当に得意な釣り方っていうのは乖離するもんなんだなぁ
ファッションの好みと、他人から見た合っている服との違いみたいな・・・

最終的な釣果は20枚ぐらい?
スレも少なめでいい釣りが出来ました
サイズも申し分ないのでやっぱりおすすめですよ

釣りデータ

12尺 底釣り
針 5号 ハリス0.5 上35cm 下45cm
エサ:粒戦細粒20cc+水100cc+ペレ道(つなぎグルテン入り)200cc

9尺 メーター
針4号 ハリス0.5 上20cm 下30cm
エサ:ガッテン400cc+水100cc or Sデザイン イエロー 400cc+水100cc

 

ヘラブナ釣行記 厚木へら鮒センター1

本年初のヘラブナ釣行はコレまた初の場所へ

001.jpg

厚木へら鮒センター
6:30~16:00(納竿)でまったりとやってきました
当日は風も少なく日差しが暖かい釣日和
水は冷たくまだ冬モードだが、今日は真面目に底釣りだ!と写真手前左の釣座へ
メンバーはいつものUさんとOさんと自分

底釣り
多摩川ではコレでしか釣りをしない
そりゃそうだ、流れのある河川では底以外でエサが流され釣りにならない
ただ、ヘラブナで真面目に底釣りをやるとどうなるかっていうと
・・・針がしっかり底にある状態をキープするため
底を測り、ウキを動かし、エサを考え・・・
とまぁ、とりあえずでかいウキで!とりあえず中通し1号でドボン!でいいか!!
多摩川スタイルとは違い繊細な手順が必要なわけですよ

002.jpg

底釣り一匹目
この釣り場は深さもちょうど良く、短尺~中尺での釣りに適していて
水深の浅い熊の池とは違いいろいろな釣りができそう
当日は池の水が少なくなって渋いよ、と常連の方から教えられ
まだ冬モードだろうし辛いのは覚悟の上だぜ・・・

で、結果としては20匹近くゲット出来ました
・・・が、この中の70%近くはスレがかり、口の周りはまだいいとして
尾ヒレや土手っ腹などなど

多摩川に行っていたKさんとも話したが
この時期は底に付くわけでもなく、宙で動き回っているわけでもなく
どっちつかずなコンディションなのだろう
釣り人がどんなに頭を使っても、相手は自然の生き物で、なかなか一筋縄ではいかない

水中を想像して、仕掛けを考えて、どうやって釣るか
毎回釣りをする度に新しい宿題が出て、週の間に答えを考える

釣りって難しいなぁ~