ヘラブナ釣行記 円良田湖編9

みなさまおはこんばんちわ
JUNです

9月30日、9月最終日に前回に引き続き円良田湖へ行ってまいりました

001.jpg

んー、相変わらず美しい景色だ…

そして、これまた前回と同じ梨の木桟橋へ…
さすが一番人気の場所、朝一はそうでもなかったが、次第に釣り人が入りほぼ満席状態
これは厳しい釣りになりそうだぜぇ…絶対浅棚だわ…

そして取り出す18尺
こうなると、もう自分でもよくわからない
何故18尺にこだわるのか、どう考えても釣れるのは浅い棚だし
自分が得意なのも中尺なはずだ、だがなぜか取り出す18尺

何匹か釣れればいいだろうとはじめました
当初はウキの動きも少なめだが、馴染んでアタリが出るという教科書通り
だが、途中からウキの馴染みが出なくなる
この日はカルネバ両ダンゴでスタートしたがどうもイマイチ
ダンゴの調整をしても、何故かウキに馴染みが出ない…

003.jpg

業を煮やして14尺へチェンジ、今度は得意の粘麩ベースの両ダンゴへ
ウキも少しだけトップが長いものへチェンジ
するとしっかりとした馴染みが、ウキの肩で受ける形も多くなり状態は安定した
そうそう、コレがやりたかった形だ!

005.jpg

今日一、綺麗で大きな尾びれがたまらない…
色々手を加えてみたがカルネバの餌は結局馴染まなかった…不可思議だ

午後1時にお昼のラーメンをズルズルして、午後からはアレを取り出し
真っ白な餌を取り出す
出発からUさんと話していた、夢と勝負するためヤろうと決めていた大仕掛け勝負

004.jpg

針もこの大きさ
比較用に針を並べるのを忘れたがいつもの二倍近い大きさ

白餌にしてから、馴染みも深くなり触りも少なくなるが
不思議なことにドーン!という急で明確なアタリに変わってきた
なんというか、中途半端なアタリがない
ドップリと深馴染みして、じわじわと返す途中でドーン!と当たる
針もデカけりゃハリスも太いのでカラも多いがポツポツ拾うことが出来た

この日、竿をのされて針を伸ばされたのはOさんだった
僕らに来ていれば取れたものを…

何連続になるかわからないが、ここ円良田に来ると必ず誰かが伸されて切られている
いつか、いつかこの強敵を上げてみたいものだ…

002.jpg

タックル
竿 かすみ 18尺 チョウチン両ダンゴ
道糸1.2号 針 ダンゴ鈎5~6号 ハリス0.5号 上60cm 下45cm
ウキ グラスムクトップ カヤ

竿 朱紋峰 煉 14尺 チョウチン両ダンゴ
道糸1.2号 針 グラン(金)5号 ハリス0.5号 上50~40cm 下40~30cm
ウキ ロングPC カヤ

竿 爽風 12尺 チョウチン両ダンゴ
道糸3号 針 サイト 13号 ハリス1.5号 上40cm 下30cm
ウキ パイプトップ カヤ

エサ
①粘麩1水1凄麩2マッハ1
②カルネバ1粘麩2マッハ1水1
③マッシュ2水1.5(たっぷり放置)赤へら1

広告

ヘラブナ釣行記 円良田湖編8

みなさまおはこんばんちわ
JUNです

9月16日 三連休初日
翌日日曜日は台風で大荒れ予報、この土曜日も夕方までなら大丈夫だろうと言うことで
円良田湖に行ってきました

本当なら連休最終日に相模湖で巨べら狙いでしたが
それは次回ということで…

001.jpg

この日は梨の木桟橋の最上流端
とりあえずいつも通りの宙尺チョーチン両ダンゴ!

うーん、流石円良田、ウキがよく動く
サイズは小さめで円良田にしては引きが少し弱いが
後半からはギュンギュン引く良い型になってきた

そして円良田で初めてのコイツが釣れる

002.jpg

多摩川で見たことあるぞ…しかしでかいな~

003.jpg

そして、この日は少しだけ冒険をする
前回多摩川でもテストした白いエサ、マッシュベースのダンゴを試す
散々寄せられるエサの後だったのでアタリも頻発し
結構いいウキの動きを見せてくれる
通用する!と喜んだが、昔むかしはマッシュでヘラ釣りが当たり前で…

一緒にやっていたUさんは竿を完全にのされて折れるんじゃないかという
絞りを食らい、結局切られてしまいました…
今回も姿が見えなかったが本当になんだろう…ヘラだったら夢があるなぁ

釣果は20枚そこそこ
やっぱり円良田はたのしいなぁ

タックル
竿 朱紋峰 煉 14尺 チョウチン両ダンゴ
道糸1号 針 ダンゴ鈎5~6号 ハリス0.5号 上55~40cm 下40~30cm
ウキ ロンググラスムク カヤ

エサ
①粘麩1一本1水1凄麩1マッハ1
②パウダーベイト2GTS1水1カルネバ1
③マッシュ2水1.5(たっぷり放置)赤へら1

余談

後日多摩川でこんなものを釣りました
多摩川で色の付いた魚はコレが初めて!
けっこう嬉しいものだなぁ

004.jpg

秋 はじめました

みなさまおはこんばんちわ!JUNです

すっかりウキ釣りに夢中です
この週末もいつもの場所でこんなのを釣ったり

001.jpg

GIROさんが延竿で鯉を釣る!というので

002.jpg

こんな所で

003.jpg

こんなのを釣ったりと、満喫ですw

近いうちに多摩川ウキ釣り解説記事でも書くかな…
メモ的な意味でも書いておきますが、今年の多摩川中流域では水草が大繁殖です
あまり場所を問わず、背丈の高い水草がそこかしこで伸びていて
鯉を釣るにはナカナカの難敵となっています
狛江でウキ釣りをしていたGIROさんがボイリー仕掛けを投げ込んでいましたが
丸一日アタリ無しという厳しい結果でした…

004.jpg

毎年同じ釣り場で同じように釣りをしているようでも
実はダイナミックな変化があったりして、同じ手法じゃ釣れないのですよ
そこは手を変え品を変え…釣りの醍醐味を味わうとしましょう

 

ヘラブナ釣行記 間瀬湖編3

皆様おはこんばんちわ!JUNです。

すっかりヘラブナ釣りブログとなっておりますが
多摩川にも行っているのですよ
ウキ釣りですけど!!

DSC_0004.JPG

さて9月初めの週末2日に間瀬湖へ行ってまいりました。
今回はいつもの一力さんとは違い、すこし深くなっている堰近くの東屋さんの桟橋へ

DSC_0010.JPG

この日は早朝に雨が降っており、予報もそうなっていたので
ゆっくり出発して9時ぐらいに釣りを始める事に
他の釣り場ならケツが決まっていますが、ゆっくり釣りを初められるのも間瀬湖ならではです

深いなら長い竿!出す機会も少ない18尺を伸ばして初めます
餌もいつもの粘麩から…
。。。。。。。。。。。。釣れない!ウキは動けど乗らない!!
これはやばい、難しい魚が集まっているのか…雨上がりで魚が浮いてるのか?

ボウル一杯打ってから早々に12尺へ切り替える
これが正解で、やっと一匹目をゲットしました

DSC_0006.JPG

その後もポツポツ釣れるが思ったよりは伸びない
アタリが小さくこれぞ!という決めアタリがナカナカ出ない
さらに昼近くに風が強く吹き水面が波立つ
…消し込みしかわかんねーなこれwwww

竿はこれ以上短く出来ないし
飯でも食いながらマッタリ釣りを続けることに
その間に餌を色々考える
ジャミを恐れて重くて粘りのある餌をチョイスしていたがどうも違う
思い切って軽くてバラケも少し早い餌で勝負し始めて調子が上向く
結局、ヘラを寄せられればジャミを恐れる事もないという感じの方が良いのか

003.jpg

やっぱりこの湖は魚といい雰囲気といい最高ですねまた来たい!!
…あ、ちなみに釣果は20枚そこそこでした

次回のヘラ釣りは巨ベラに挑む!!!

タックル

竿 かすみ 18尺 仕掛けチョウチン両ダンゴ
道糸1.2号 針ダンゴ鈎6号 ハリス0.5号 上40cm 下55cm
ウキ グラスムクトップカヤ 宙吊り用

竿 爽風 12尺 仕掛け チョウチン両ダンゴ
道糸1号 針ダンゴ鈎5号 ハリス0.5号 上40cm 下55cm
ウキ グラスムクトップカヤ 宙吊り用

エサ

①粘麩100cc+水100cc+凄麩200cc+マッハ100cc
②GTS200cc+水100cc+パウダーベイト100cc+カルネバ100cc
③マッハ400cc+粘麩50cc+水100cc

ヘラブナ釣行記 震生湖編4

みなさまおはこんばんちわ!JUNです。

さてはて、ここ東京…というか関東では天候不順で冷夏だったり
8月20日に震生湖へ釣りへ…の前日
多摩川で鯉っ子が釣れるらしいのでウキ釣りに
そして夕方、とんでもない雷雨に襲われる

003.jpg

写真じゃ伝わらないんだよなぁ…
大粒の雨、雹混じり、しかも風がすごい
台風真っ最中か!というぐらいの風で立っていることも難しい
ビショビショになって、もう笑うしかない状況を初めて体験しましたw

001.jpg

さてはて、その豪雨の翌日にここ震生湖へ行ってまいりました
雨の後活性上がるんじゃね?とUさんと来てみましたが
常連さんの話では

「あぁ、雨後の震生湖はダメだよ。桟橋に6人?3人でも釣れなくなるぞ」

終わったぜ、今日の震生湖も甘くないってか、さらに辛いぜ…

案の定午前中は一切ウキが動かない!
ということで、日頃はぜっっったいにやらない中尺の沖宙(メーター)をやる
この釣りの最大の難点は振込が難しい
ヘラの仕掛けってのはとにかくシンプルな故、仕掛けを送り込むのが難しい
なおかつ距離が多少ある状態で同じポイントに打ち込むのは難しい

後半、形になりつつあった状況で待望の一枚!

002.jpg

その後、1バラシの後に一枚追加して
この日は二枚で終了
Uさんは前回の震生湖釣行(自分不参加)から2連続坊主という辛い結果に…

震生湖、雰囲気は良いのですがもっとウキが動けば…

タックル

竿 朱紋峰 煉 14尺 仕掛けチョウチン両ダンゴ→メーター両ダンゴ
道糸1号 針ダンゴ鈎5号 ハリス0.5号 上40cm 下55cm
ウキ グラスムクトップカヤ 宙吊り用

 

エサ

①粘麩100cc+水100cc+凄麩200cc+マッハ100cc
②パウダーベイト200cc+水100cc+GTS100cc+カルネバ100cc←今日のヒット
③GTS200cc+水100cc+パウダーベイト100cc+カルネバ100cc

※個人的メモ

この日はアタリらしき動きが見えたのは昼過ぎてから
ウキの馴染みきり際から返しの最中にゆっくりと一節沈んだり止まったり
魚が近くには居るがダンゴは吸い込まない、そんな状況
セットなら行けるかと思ったけど、同行のUさんはセットで決めアタリもほぼ出ず
その中からカチッとした小さいアタリを拾って二枚ゲット
単純に魚影が少ない上に魚のやる気スイッチが入っていない状態
もう少し拾えるような手を考えられたんだろうけどナカナカ…

ヘラブナ釣行記 厚木へら鮒センター5

8月11日
連休初日、天気が崩れているがどうなんだろう
んー、レーダー見ても雨薄そうだし行くか!
ということで1人でマッタリ行ける厚木へお昼頃から~

001.jpg

うーん、思ったより雨降ってる!
どうやらレーダーでは捉えられない程低い位置に雨雲があるみたいで
釣行中も結構降られました
シトシトと梅雨のような雨の中で、新しい餌のブレンドを試してみることに
これが当たったのか、投入二発目で一枚、その後も一投一匹レベルでかける
ただ当然のように魚影の濃いココではすぐに魚がワキワキに…

ウキが立つ場所にワキワキされるのが困るので
少し奥に餌が着水するように振り込む
アタリも明確、カラツンも少ない
どうやら運良くセッティングがハマったらしい
これは良い日になりそうだ

002.jpg

相変わらず雨が鬱陶しいが釣れているので問題ない!

と、二十枚弱重ねた所で魚を掛けた後、やり取りの最中に嫌な感触が
ボキッ!ではなく、ポキッという鈍い弱い音
……やっちまった
今日まで頑張ってくれた9尺の無心が折れてしまい
わずか三時間で終了
どうせ短尺しか使わないだろうと一本しか持ってこなかった…

多分傷が入っていたんだろうなぁ、派手な音じゃなかったし…
ま、コイツはこういう運命なんだったと
しかし、ハリスも0.5だったのに、折れる時は折れるもんだなぁ
次の短尺竿は何にしようか考えながら帰宅するのであった

タックル
竿 無心9尺 仕掛けセミチョウチン両ダンゴ
道糸1号 ダンゴ鈎5号 ハリス0.5号 上40cm 下30cm
ウキ グラスムクトップ カヤチョウチン用

エサ
①マッハ4水1+カルネバ0.5

※個人メモ
この餌、集魚力も強くバラケも早いので速攻勝負には良い
ただし棚に入れるには少しコツがいる
カルネバを0.5~1で調整
カルネバを入れてからしっかり混ぜること!

厚木HCの半日は10時から!!

多摩川のオアシス

みなさまおはこんばんちわ、JUNです

多摩川という場所でオアシスというのも変ですが
釣り以外にも近隣の人々の憩いの場で、各々に楽しみ方があるわけで
その中で、一部のファンには大人気のこちらに行く機会があったので紹介します

001.jpg

遠いよ!!

分かる人はコレだけでわかります
最近じゃ雑誌にも紹介されて、元々人気でしたが席が埋まる時があるぐらいになったとか
稲田堤にあるたぬき屋さんです

この日はGIROさんとKさんが釣りをしていると聞いてたので
たぬき屋で目当ての物を食べるのと一緒に冷やかしてやろうと足を伸ばしました

さらに多摩川鯉釣りの重鎮に出会ったり、新しい出会いもあり収穫十分
そしてKさんを誘ってお目当てのものへ!

002.jpg

お店の中は昔の海の家風
エアコンもないですが気持ちいい風が通り抜けます
店主のお母さんに「焼きそば一つ!!
Kさんは「生!焼きそば!

うん、今日の釣り終わりましたね
でも我慢出来ないのもわかります
こんなロケーションで暑い夏の日で…最高ですよねw

003.jpg

キタキタキター!

ここの焼きそば、何度か食べたことがあるのですが
基本肉なしなのですが今日は肉入りでした

うん、美味い
そりゃ専門の鉄板焼きのお店とは次元が違いますが、これは別世界
行列のできるラーメン店の美味さと、海の上で食べるラーメンの美味さの違いと言うか
本当に癒される…

お母さんもだいぶお年のようですが後継者はいるのかな?
こういうお店は今後も長く続けていただいて
もっと下の世代にも知ってもらいたいですね

俺が跡を継いでもいいですぞ!!