ヘラブナ釣行記 厚木へら鮒センター6

皆様おはこんばんちわJUNデス

4月10日
今年度より勤務日時が変化して平日休みとなりました

ということで、いつも釣りへ連れて行ってくれたUさんとは別行動に…
若干寂しいがコレもまた良し!ということで近場でアクセスしやすい厚木へ

001.jpg

ゆっくりめの10時スタート、風はまだ強くない
そして厚木に来れば決まっている9尺のセミチョーチン両団子DA!

002.jpg

両団子シーズンスタートだし、使い慣れた餌でスタートする
数投もすれば魚が寄って来てウキが動くが、ここからが本番だ
いかに食わせるか、いかに乗せるか
結論から言えば、上ではしゃぐヘラを抜けて棚まで餌を持たせ
それでいて硬すぎず棚で開く餌が一番良かった

で、ここで思った
数多く存在するヘラ餌も結局の所同じブレンドで作り方・手水の加え方・貼り付けの仕方
これで大体の状況に対応出来るということ
自分は好んで粘麸と凄麩のダンゴを使っているが
ブレンドとしてはコレにマッハを加えるぐらい
このブレンドの良い所は上の3つをどんどん加えられる
さらに変化を付けても餌自体大崩しないという事

手水で柔らかくしていき、正解が見つかったらもう一投一匹ペースだ

003.jpg

1時前におにぎりを頬張りながらこの後を考える
すでに釣果として30枚越えて遊びたくなってきた
ふふふ、やってやるぜ

掟破りの地元釣り!!

管理釣り場じゃやってる人なんて絶対に居ない多摩川仕込みのドボン釣りってやつを!
風も強く吹くし振り込みを易くするっていう名目ではある

これが以外や以外に面白い
チクチクした底釣り特有のアタリに合わせるも微妙に乗らない
ソレを見送ってじっとしてると突如号砲が鳴り響く
ウキが5目消し込むかボディまで食いあげるデカイアタリ
合わせると円良田にも負けない引きを味わえる、宙では釣れなかった大物が…

時間いっぱいまで地元釣りを楽しみ本日は終了
枚数はどうでもいい、一人黙々と釣りを堪能しました

タックル
竿 朱紋峰 神威9尺 両団子
道糸1号 針 グラン金 5号 ハリス0.5号 上40cm 下55cm
ウキ グラスムクトップ

竿 朱紋峰 煉14尺 ドボン底
道糸1号 針 グラン 4号 ハリス0.5号 上15cm 下20cm
ウキ パイプトップ底釣り用

エサ
①粘麩1水1凄麩3(もしくは2+マッハ1)
②夏底2水0.8

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中