ヘラブナ釣行記 震生湖編4

みなさまおはこんばんちわ!JUNです。

さてはて、ここ東京…というか関東では天候不順で冷夏だったり
8月20日に震生湖へ釣りへ…の前日
多摩川で鯉っ子が釣れるらしいのでウキ釣りに
そして夕方、とんでもない雷雨に襲われる

003.jpg

写真じゃ伝わらないんだよなぁ…
大粒の雨、雹混じり、しかも風がすごい
台風真っ最中か!というぐらいの風で立っていることも難しい
ビショビショになって、もう笑うしかない状況を初めて体験しましたw

001.jpg

さてはて、その豪雨の翌日にここ震生湖へ行ってまいりました
雨の後活性上がるんじゃね?とUさんと来てみましたが
常連さんの話では

「あぁ、雨後の震生湖はダメだよ。桟橋に6人?3人でも釣れなくなるぞ」

終わったぜ、今日の震生湖も甘くないってか、さらに辛いぜ…

案の定午前中は一切ウキが動かない!
ということで、日頃はぜっっったいにやらない中尺の沖宙(メーター)をやる
この釣りの最大の難点は振込が難しい
ヘラの仕掛けってのはとにかくシンプルな故、仕掛けを送り込むのが難しい
なおかつ距離が多少ある状態で同じポイントに打ち込むのは難しい

後半、形になりつつあった状況で待望の一枚!

002.jpg

その後、1バラシの後に一枚追加して
この日は二枚で終了
Uさんは前回の震生湖釣行(自分不参加)から2連続坊主という辛い結果に…

震生湖、雰囲気は良いのですがもっとウキが動けば…

タックル

竿 朱紋峰 煉 14尺 仕掛けチョウチン両ダンゴ→メーター両ダンゴ
道糸1号 針ダンゴ鈎5号 ハリス0.5号 上40cm 下55cm
ウキ グラスムクトップカヤ 宙吊り用

 

エサ

①粘麩100cc+水100cc+凄麩200cc+マッハ100cc
②パウダーベイト200cc+水100cc+GTS100cc+カルネバ100cc←今日のヒット
③GTS200cc+水100cc+パウダーベイト100cc+カルネバ100cc

※個人的メモ

この日はアタリらしき動きが見えたのは昼過ぎてから
ウキの馴染みきり際から返しの最中にゆっくりと一節沈んだり止まったり
魚が近くには居るがダンゴは吸い込まない、そんな状況
セットなら行けるかと思ったけど、同行のUさんはセットで決めアタリもほぼ出ず
その中からカチッとした小さいアタリを拾って二枚ゲット
単純に魚影が少ない上に魚のやる気スイッチが入っていない状態
もう少し拾えるような手を考えられたんだろうけどナカナカ…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中