ヘラブナ釣行記 厚木へら鮒センター1

本年初のヘラブナ釣行はコレまた初の場所へ

001.jpg

厚木へら鮒センター
6:30~16:00(納竿)でまったりとやってきました
当日は風も少なく日差しが暖かい釣日和
水は冷たくまだ冬モードだが、今日は真面目に底釣りだ!と写真手前左の釣座へ
メンバーはいつものUさんとOさんと自分

底釣り
多摩川ではコレでしか釣りをしない
そりゃそうだ、流れのある河川では底以外でエサが流され釣りにならない
ただ、ヘラブナで真面目に底釣りをやるとどうなるかっていうと
・・・針がしっかり底にある状態をキープするため
底を測り、ウキを動かし、エサを考え・・・
とまぁ、とりあえずでかいウキで!とりあえず中通し1号でドボン!でいいか!!
多摩川スタイルとは違い繊細な手順が必要なわけですよ

002.jpg

底釣り一匹目
この釣り場は深さもちょうど良く、短尺~中尺での釣りに適していて
水深の浅い熊の池とは違いいろいろな釣りができそう
当日は池の水が少なくなって渋いよ、と常連の方から教えられ
まだ冬モードだろうし辛いのは覚悟の上だぜ・・・

で、結果としては20匹近くゲット出来ました
・・・が、この中の70%近くはスレがかり、口の周りはまだいいとして
尾ヒレや土手っ腹などなど

多摩川に行っていたKさんとも話したが
この時期は底に付くわけでもなく、宙で動き回っているわけでもなく
どっちつかずなコンディションなのだろう
釣り人がどんなに頭を使っても、相手は自然の生き物で、なかなか一筋縄ではいかない

水中を想像して、仕掛けを考えて、どうやって釣るか
毎回釣りをする度に新しい宿題が出て、週の間に答えを考える

釣りって難しいなぁ~

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中