ヘラブナ釣行記 厚木へら鮒センター2

おはこんばんちはJUNです
連休最終日の月曜日

この日はUさんと共に前回も行った厚木へ
この場所は埼玉の釣り場に比べて近く、水深も程々で底釣りから浅棚まで色々出来る
今後もきっとお世話になる事が多くなりそうだ

002.jpg

さて、肝心の内容と言うと
この日も底釣りでスタート
前回は左手にある小池での釣り
底の変化がやや激しい場所だったため難しい釣りになったが
今回は右手にある大池の中央桟橋に入った

この場所は桟橋中央だと12尺程の深さがあり短尺でのチョウチン釣りが可能
自分も12尺一杯に浮きをセットして、しっかりと底立てをして・・・
エサは前回と同じペレダンゴで!

最初はアタリや触りが少なく静かなスタートだったが
次第にウキが動き出し・・・一匹!はスレだった
今日もスレ祭りか!?
と、前回の嫌な記憶が蘇るがその後は安定して口にかけることが出来た
しかし本当に魚影が濃い、エサ切れで竿を立てるとたまに魚を引っ掛ける程に

003.jpg

午後は9尺メーターの両ダンゴで釣果を重ねる
Uさん曰く

「JUN君はやっぱり浅棚だね!」

自分としてはそんなイメージは無いのですが、他の釣り場でも浅棚でいい結果を出す事が多い
自分がやりたいと思っている釣り方と、本当に得意な釣り方っていうのは乖離するもんなんだなぁ
ファッションの好みと、他人から見た合っている服との違いみたいな・・・

最終的な釣果は20枚ぐらい?
スレも少なめでいい釣りが出来ました
サイズも申し分ないのでやっぱりおすすめですよ

釣りデータ

12尺 底釣り
針 5号 ハリス0.5 上35cm 下45cm
エサ:粒戦細粒20cc+水100cc+ペレ道(つなぎグルテン入り)200cc

9尺 メーター
針4号 ハリス0.5 上20cm 下30cm
エサ:ガッテン400cc+水100cc or Sデザイン イエロー 400cc+水100cc

 

広告

春玄関越

みなさまおはこんばんちはJUNです

三連休初日の土曜日
多摩川へまったりと出撃
坊主でした

(完)

 

本当に書くこと無いんですよ(悲

多摩川の水中は少し早めの春が始まったようで
浅瀬でフナがパシャパシャ言っている、鯉も動きがあり前回より生命感に溢れている
だが釣れない!
つまるところ、魚は動いているけど食う気は無いと

001.jpg

何はともあれ、今年のシーズンインは少し早そう
ただし春のフェスティバルが終わるまでは釣れたり釣れなかったりの落差が激しい
そういう時期になる・・・
GW辺りの爆釣を期待して!

 

小春

おはこんばんにちはJUNです

先日日曜日に愛しの多摩川へ
前日にちょっとしたイベントで深酒をしてしまい、お昼頃からの出撃

001.jpg

たまに風が強く吹く程度で日差しも暖かく
春を感じる一日である
とりあえずエサ撒きついでに底を探ると
どうものっぺりした感覚が・・・
地形変化がほとんど無く、大きな障害物が落ちている感覚もない
・・・仕掛けを投げてお魚に発見されないという危険はないが
変化もないから魚が溜まっている可能性はゼロ!!
こうなると持久戦である
釣れるまで動かさねぇ!!

息巻いていたが、早速椅子が壊れるというトラブル
危うくケツに新しい穴が開くところだったぜ・・・

釣果は最終2本
ただ、釣れた魚はどれも小さい、ぜんぶ50センチぐらい
釣れたから良かったのか、鯉まで春感が
他のポイントでは大きめの奴が釣れていると聞いているので諦めないように!

002.jpg

ヒットデータ 

(1)
キャッチタイム 15:55
フーディング:巨鯉
フックベイツ:メインライン バナフィー 15mm  リグ:ブローバックリグ
フック:SASAME MASTERY No4 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

(2)
キャッチタイム 17:20
フーディング:巨鯉
フックベイツ:マルキュー クレデンスボイリー クリルフィースト 14mm  リグ:ブローバックリグ
フック:SASAME MASTERY No4 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

ヘラブナ釣行記 厚木へら鮒センター1

本年初のヘラブナ釣行はコレまた初の場所へ

001.jpg

厚木へら鮒センター
6:30~16:00(納竿)でまったりとやってきました
当日は風も少なく日差しが暖かい釣日和
水は冷たくまだ冬モードだが、今日は真面目に底釣りだ!と写真手前左の釣座へ
メンバーはいつものUさんとOさんと自分

底釣り
多摩川ではコレでしか釣りをしない
そりゃそうだ、流れのある河川では底以外でエサが流され釣りにならない
ただ、ヘラブナで真面目に底釣りをやるとどうなるかっていうと
・・・針がしっかり底にある状態をキープするため
底を測り、ウキを動かし、エサを考え・・・
とまぁ、とりあえずでかいウキで!とりあえず中通し1号でドボン!でいいか!!
多摩川スタイルとは違い繊細な手順が必要なわけですよ

002.jpg

底釣り一匹目
この釣り場は深さもちょうど良く、短尺~中尺での釣りに適していて
水深の浅い熊の池とは違いいろいろな釣りができそう
当日は池の水が少なくなって渋いよ、と常連の方から教えられ
まだ冬モードだろうし辛いのは覚悟の上だぜ・・・

で、結果としては20匹近くゲット出来ました
・・・が、この中の70%近くはスレがかり、口の周りはまだいいとして
尾ヒレや土手っ腹などなど

多摩川に行っていたKさんとも話したが
この時期は底に付くわけでもなく、宙で動き回っているわけでもなく
どっちつかずなコンディションなのだろう
釣り人がどんなに頭を使っても、相手は自然の生き物で、なかなか一筋縄ではいかない

水中を想像して、仕掛けを考えて、どうやって釣るか
毎回釣りをする度に新しい宿題が出て、週の間に答えを考える

釣りって難しいなぁ~