異変?

おはこんばんちは

土曜日に少しゆっくりめに狛江側へ
ただ、少し違うのはいわゆる狛江ワンドへ足を延ばしたこと

002.jpg

この付近
昔は上流が閉じられた完全なワンドでしたが
一昨年の工事以降台風の大水で貫通し、さらに工事で入れた砂利が流れ込んで
全体的に浅く流れの有るただの支流になっていました

昔はヘラ釣りの人が沢山入っていたのですが
釣れないのか今は人がまばらです

001.jpg

で、いつからかこんな橋の様な物も作られ朽ちています
ここで何か釣ってやろうと竿を出した結果が
鯉2ゲットの3バラシ

やっぱり鯉しかいねぇ!!
鮒当たりなぞ一切ない
とにかく魚種が少ないと言いますか・・・小魚の当たりなどもほぼなく
ここ多摩川中流は鯉かバスしか居ないのではないか・・・
不健康極まりない
本来であれば鮒鯉っ子4雑魚5鯉1ぐらいの比率ならいいのに
今は鯉9その他1って感じ・・・辛い・・・

003.jpg

ファイト中に無理して撮った一枚
よくわからんw

広告

二戦二敗

さて、昨日日曜日はヘラ釣りへ

土曜日に連絡したとき急だがくっ付いていくことを許可してくれたUさん
そして行ってきたのは神奈川県震生湖
ここはヘラ釣りの他にバス釣りも出来るちょっと変わった湖だ
湖というほど大きくもないが・・・沼か・・・いや沼と湖の違いに詳しい訳ではないが

002.jpg

釣り場はこんな感じ
ここは桟橋だが、ボートで出ることもできる

001.jpg

現地でOさんも合流して釣り開始
朝一に12尺のチョウチングルテンセットでスタート
1枚
昼過ぎに9尺の力玉のセットで
1枚

計2枚

キビシイデスネー
これじゃ宮沢と変わらないよ・・・。二連敗だよ・・・。

003.jpg

調子が良いと50枚も出るような湖なのだそうだが
最近水質が悪化し回復しきっていないとの事
なにか大きな天候変化で水がガラッと変わらないと釣果を望むのは厳しそうだ

ちなみに
ここ、鯉がわんさか居るんだよね・・・

004.jpg

すっかり飼いならされちゃった鯉たちだけど
サイズがどれもデカい
一匹メータークラスが居て目の保養にはなったかな
うーん、いつもの多摩川でこんな鯉に出会ってみたいものだ

終わりに今度は違うところへ行こうと約束する
次は勝てる場所に行こう

確実に勝てる所へ!

GW最終日の充実

皆さまお疲れ様です!

さて、GW最終日はWさんと釣行。
連休中はほとんど浮き釣りをしていたので久々に投げて釣ります

001.jpg

結果はWさん4本、自分が3本とまぁまぁの釣果
大きさは70前後でまとまりました。

ヒットデータ

002.jpg

(1)
キャッチタイム 09:00
フーディング:鯉夢双+エッセンシャルIB
フックベイツ:メインライン バランスドワフター バナフィー 15mm  リグ:ブローバックリグ
フック:SASAME BOIL GX No2 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

(2)写真
キャッチタイム 11:05
フーディング:鯉夢双+エッセンシャルIB
フックベイツ:メインライン バランスドワフター バナフィー 15mm  リグ:ブローバックリグ
フック:SASAME BOIL GX No2 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

(1)
キャッチタイム 13:35
フーディング:鯉夢双+エッセンシャルIB
フックベイツ:メインライン バランスドワフター エッセンシャルIB 15mm  リグ:ブローバックリグ
フック:SASAME BOIL GX No2 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

動物性の餌では全くヒットしなかった。
Wさんもダンゴの発砲仕掛けで好調だった。
・・・ボイリー人口も増えて、逆に団子が真新しいのか?w

日差しも強く、風も強かったがやはり釣り仲間と釣りをするという行為は最高だと
改めて思うGWでした

呪われた竿

さてGWも釣り三昧を続けるさる4日

001.jpg

雨後、増水、強風
条件はそろっている!カーニバルか!?

と期待したものの、いつも通りの感じで3本とまぁまぁ好調

002.jpg

日差しが強くすっかり腕や顔が赤くなりながら楽しむ
翌日5日

お昼頃から久々に小物釣りへ

いつものポイントの近くに小さな池があり、そこには小さな魚がわんさかいる
ただ、時期的に小さい魚が小さいままの状態なので釣れるかどうか微妙・・・
と、思ったがこんな小鮒が入れ食いだった

003.jpg

うむ、こういうのが釣れると安心する
小さいウキに小さい針で小さい餌を付ける
小さい仕掛けながらウキはダイナミックに動く
まさにミクロなビックゲームである

 

さて・・・タイトルの話ですが
まずは去年秋の話「鮒祭り開催」を参考に
この時に使っていた9尺の渓流竿(小継)実はこの時Kさんと一緒に釣りをしていて

JUN「いやーフナ入れ食いですよ。短い竿でやると楽しいですよ!Kさんもやってみます?」

と、本当に入れればフナが釣れる状態でKさんにも味わってもらおうと変わった第一投

ズボッ ギュゥゥゥゥン プチッ

「「鯉じゃねぇか!!」」

隣で鯉釣りをしていたのですがそれまで釣れていない状態
あっさりと一発目から鯉

JUN「いやいやあんなにフナ釣れてたのに鯉とかついてませんでしたね。もう一回行きましょう」

そして投げ込むKさん

ズボッ ギュギュゥゥゥゥゥン     プチッ

「「二連続かよ!!!」」

という伝説を作ったこの竿
久々に取り出し5日の小物釣りをしていつもの場所へ持っていき
さーてフナ釣ろうフナ

スゥゥゥゥゥ ビシッ ギュゥゥゥゥゥゥン 鯉だああああああああああああああ!!!!

わずか二投目で鯉 ハリス切れ
ダメだ鯉しかいねぇ・・・しかしあきらめない!
ほかの人にフナが釣れて当たりもそこそこ出てる!!今度こそ!!

チョンチョン ビシッ ギュゥゥゥゥゥゥン プチッ     orz

くそっ!まだまだ

ズボッ ギュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン プチッ

この竿鯉しかつれねぇ!!!
何がおかしいって、わずか2時間で3バラシ
本気で鯉を狙っている人たちがほとんど釣れていない中の3バラシ

Kさん「その竿入魂しちゃったからね」
JUN「呪いですよね!?」

さてこの竿どうしてやろう
9尺じゃ鯉と勝負できないし、鯉しか釣れないし・・・

00002.jpg呪われし竿
教会持って行って呪い解かないと・・・

積年の謎

さてGW真っ最中、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

自分は土曜日仕事とあまり連休感がありませんがマッタリと釣りを楽しんでいます
・・・で、29日金曜日
朝からいつものところで浮き釣りに精を出します

現場の写真は失念
とにかく風がすごかった
風速12mとかもうね笑いしか出ない
ただ、こういう荒れた天候の日に釣れたりする
この日も三本と好釣果!

しかしですよ
いつも餌はコーン、たまに魚肉ソーセージやボイリー付けたりして遊んではいますが
ずぅぅぅぅぅぅぅっと気になってたのです

「ミミズで釣れないのか?」

と・・・

釣り仲間の諸先輩方は、ここでミミズは釣れないよ
フナは釣れるけど、鯉なんてミミズに水をフッと吹きかけてどっか行っちゃうし!

うーん、釣りってのはそのフィールドのスペシャルが存在したり
結局日ごろ食っている物が最適な餌なわけで・・・
ミミズ食ってなきゃ、なにこのキモいのってなるのか・・・

ただやってみなきゃわからない!

って事で、二本釣った後強風で波立つ水面に対抗すべく巨大な玉浮きを装着し
ミミズセット!!!

「あーこれガキの頃の仕掛けだ、こんなので良くフナ釣ってたわ」

とノスタルジックな気分に浸ってジックリ待つ

すると待望のあたりが!
沈む玉浮きがポコンと音を立てる
思わず笑ってしまうが、これがいいのだ

003.jpg

こいつがミミズに食ってきた鯉ちゃん

俺大喜び
何がうれしいって、自分の予測が当たったからだ
日によって食うものが違うだろうが、本来生き物にとって生き餌ってのは最高のごちそうなはずだ
加工餌は加熱や加圧によって性質が変化し、含まれる各種アミノ酸が破壊され
生き物が求める本来の「うまそう」な成分が飛んでいる
その点生き餌は加工なしの新鮮その物!
それが釣れないわけないのだ!という我が持論

多摩川ミミズで鯉釣り QED