ヘラブナ釣行記その1

さて、皆様三連休をいかが過ごされたでしょうか

自分は土曜日悪天候でマッタリ
そして日曜日には待望の宮沢湖釣行へ

DSC_0633.JPG宮沢湖入り口のコンビニにて

朝四時にUさんに拾ってもらい二時間弱で到着
気温はそれほど低くもないが、風が強い・・・
鯉釣りなら気にもならないがヘラ釣りはウキが命なので風は大敵
この風をいかにするか・・・二人であーだこーだいいながら釣り場へ

002.jpg堰堤からの眺め

右手に見えるのがワカサギ用のドームで奥が桟橋
ここ宮沢湖はおかっぱりと桟橋、そしてボートでの釣りが出来る・・・が
自分初心者なもんで・・・いきなりボートは不安すぎるので今回は桟橋で!
風は写真左から右に吹くのでコレを背に受けられる所に入ろうと決定

003.jpg

今回、真面目にヘラを釣るにあたって色々下調べをした
とかく冬はセット釣りが良いとの事でセット釣りの仕掛けを用意した
鯉釣り専門の方には馴染みが無いと思います
セット釣りとは寄せ餌(バラケ)を短いハリスで付け
長いハリスで食わせ餌(小さいうどんのようなもの)を付け、寄せて食わせるという
低活性時の釣りである(一概に低活性専用とも言えないが)

まぁこんな釣り方は多摩川じゃまずやらないので
試行錯誤しながら浮きを眺めているとチクッと動く
ん?なんだこれ、アタリか?小さくね?
と思っているとチクッチクーというアタリが(語彙ないな自分)

004.jpg

ゲッツ!
長さは無いがマルマルしたいいヘラブナ
この後数時間後にもう一枚追加して午後から両ダンゴに切り替えたり
くわせをコーンにしてみたりw
色々やったがアタリがあるものの魚は釣れずフィニッシュに至った

もっと釣れると思ったけどなぁ
原因はいくつか考えられる
まずハリスが太すぎた
多摩川にも使えるようにとハリスは全て1号
この話を後から合流したOさんにした所「それで良く掛けたね!」と驚かれるほど
あとは時間経過で性質が変化した餌に固執しすぎた事
硬くなったりパサパサしすぎたりした餌はしっかり水を加えて元に戻したりするべきだった
ボールの餌を打ち切った後作りなおしたらアタリがまた出はじめたりする

んー、適当じゃだめだねw

それから水温。数日前から気温が上がり水も少しは温かくなっているだろうと思っていたがとんでもない
湖の水はまだまだ真冬の水温だった
水温が低いのであれば15尺以上で深いタナを狙うべきだったかもしれない

どの釣りでもそうだが、結果には原因がある
上がり際に今度は三名湖に行きましょう!と言われ新たな目標ができた
次はもっと釣っちゃるでー!

使用タックル
SHIMANO 爽風硬調12尺
道糸ナイロン1.5号
上針 DAIWA D-MAXヘラ 7号 下針 DAIWA DAIWA D-MAXヘラ 5号
ハリス ナイロン 上10cm 1号 下60cm 1号
餌 バラケ マルキュー S-DESIGN レッド 食わせ 力玉ハードⅡさなぎ粉漬け

余談

ここ宮沢湖は三月一杯で釣りが出来なくなるそうだ
というのもテーマパークが建設されるとかで、釣り場を管理している会社が撤退を余儀なくされた
こんなにいいフィールドなのに、何とかして共存できないものか・・・

仕掛けの話

こんばんわ!

なんとなくですが仕掛けの話です
とは言っても自分はそんなに特殊な仕掛けを使用しているわけでもなく
ただただ日頃使っている仕掛けの紹介

001.jpg

道糸から
ナツメオモリ1.5~3号
KORDA リグチューブ 適量
KORDA テールラバー・リードクリップ
オモリ 六角15~25号
スイベル FOX クイックチェンジスイベル
ハリス FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb 15~30cm
FOX アンチタングルスリーブ
フック その時々

ちょっと変わっている所と言えば、リグチューブの上にナツメオモリが付いている事でしょうか

コレは去年釣り場で偶々お見かけしたユーロスタイルの人が
レッドコアの上に同じようにナツメオモリを入れていて
あぁ、これならリグチューブが道糸に引っ張られて浮かないな・・・と
特に流れの有る河川では道糸が流れに引っ張られてどうしても浮き上がってしまう
鯉は餌を見つけると、餌の周りをグルグル回って観察したり
進入角度によってはこの道糸やリグチューブに触って逃げてしまう

バックリード(投げ込んだ後道糸に掛けてラインを沈めるオモリ)を使って道糸全体を沈める方法もあります
ただ、水底にゴミや朽木などが落ちていた場合、ラインが絡んで・・・
という不安もあり、この仕掛けになりました
水底の状況を掴んでいる場合はコレにバックリードを追加したりしています
バックリードは特に風が強く吹いている日はラインを手前からしっかり沈めて
風の振動を抑える役目もしてくれます

静かに静かに
魚の邪魔をせずジッと待つ仕掛け
これが肝要かと

さて、週末三連休を迎えますが
自分は日曜日にヘラブナ釣りへ!
前回流れて結局行けていなかった場所へやっと行きます
ふふっ、腕が鳴るわ

は~るよ~と~お~き~は~るよ~

土曜日は仕事で日曜日に釣りに行ってまいりました。
場所はいつもの場所

001.jpg

先週は後半から雨でガツッと気温が下がり
水温も低下して真冬の様相
このコンディションでは厳しいだろうと腹をくくっていましたが

ピ・・・ピッピピ・・・ピピピピ・・・・・・・ピッ・・・・

え、なにこの行くのか行かないのか分らない音は・・・

ロッドを立てても何の抵抗も無く
ボイリーもかじられた痕もなく
ただただ頭を捻るばかり

ピッピピピッピッピ・・・・ッピ

またかよ!小さいのか!?小さい奴が引っ張ってるのか!?

こんな時、針を小さくしボイリーも小さくすると良いのですが・・・
嫌だ、どうせ釣れても小さいやつなんて小生嫌だ!!

って事で仕掛けを変える事無く待ち続けると

ピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピ

きたー!コレだよコレ!

002.jpg

キャッチタイム 13:20
フーディング:巨鯉+コイミー
フックベイツ:メインライン バランスドワフター バナフィー 15mm  リグ:ボトムベイトリグ
フック:SASAME BOIL GX No2 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

ほとんど走らず、ただただ寄せられる。うーん、お腹はパンパンだが冬だ。
サイズも小さいが贅沢は言えまい。このコンディションで一本だ。

今週はまた気温が上昇傾向らしいのでそろそろ春が始りますかね

天気次第ですが連休中はヘラブナ釣りに行くつもりです
長期予報だと雨予報ですけどね・・・

復活のバイトアラーム

さて先々週は体調が思わしくなくお休み
そして先週、待望のバイトアラームが届き
仕事終わりにシコシコと三脚へ金具と共に取り付ける

ふふ・・・・勝ったな・・・

で、週末の土曜日
午前中からロッドと道具を持ち込みいつもの場所でスタート
カゴで餌を打ちまくる
この作業単純だが回数を重ねるため意外と疲れる

DSC_0619.JPG

一仕事終わった風景

気になる方(いるのか?)のために三脚へバイトアラームの取り付け方を少々
左右に伸ばすアームにL字金具とストレートな金具をこのように取り付けています

DSC_0623.JPG

金具とアームの間にスポンジゴムを挟んでいるので
ガッチリ!とは行かないまでもズレたり外れたりはしません
元々家具を固定するための金具なのでL字底面部に穴が開いており
そこにアラームのネジ部分をはめ込み、元から付いているネジとゴムワッシャーを追加し固定しています

以前ブログを見ていただいている方が遊びに来てくれて
その方の三脚ロッドポッドを写真で見せていただいたのですが
この金具部分をアームの凹みに差し込む形で自作しており
取り外しも自在の便利なものでした・・・自分は市販品を組み合わせるコレが精一杯w

さて新バイトアラームのデビュー戦の釣果は三本
以下が情報です

003.jpg

キャッチタイム 11:05
フーディング:巨鯉+コイミー
フックベイツ:メインライン バランスドワフター バナフィー 15mm  リグ:ボトムベイトリグ
フック:SASAME BOIL GX No2 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

004.jpg

キャッチタイム 13:30
フーディング:巨鯉+コイミー
フックベイツ:メインライン バランスドワフター バナフィー 15mm  リグ:ボトムベイトリグ
フック:SASAME BOIL GX No2 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

005.jpg

キャッチタイム 16:28
フーディング:巨鯉+コイミー
フックベイツ:メインライン バランスドワフター バナフィー 15mm  リグ:ボトムベイトリグ
フック:SASAME BOIL GX No2 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

当日、水温はすこーーしだけ暖かくなっており流れも穏やか
鯉も丸々してるのが多く、産卵に向けて順調に太っている感じ
もうすぐ春
多摩川はマルタウグイの遡上が多くそれを追って下流の鯉たちも上がってきます
大きいのがくっ付いて来てくれるとあり難いが・・・