釣りの単位換算

風邪で暇なのでメモ書き
釣りに使われる単位は主に号・グラム・ポンド・オンスの四種類である
対象魚種によって使われる単位が変わるため、それがどの程度の重量なのか
熟練の釣り人でもない限りピンとこない

・ラインの単位

ラインは主に号とポンドでその強度が表示されている、2010年まで標準直径と強度の規定は存在しませんでした
現在は規定されており、フロロカーボンとナイロンは標準直径

標準直径=0.165mm=1号

ただしこれはあくまで標準直径で、例えば0.8号の標準直径は0.148mm
1.2号の標準直径は0.185mmで、この間である0.037mm以内であれば1号と表記できるわけである

次に強度の公式は

号数 × 4 = 強度(lbs)
強度(lbs)  ÷ 4=号数

となる
ちなみに1lb(1ポンド)は0.453kg

PEはまた違う基準が存在する。そう、デニール(d)である
・・・なんだよデニールって!
女性の方ならストッキングなどで目にしたことがあるかもしれない、男性諸君にはまったく馴染み無い単位
デニールとはある一本の繊維9000mのg数である
正確では無いが、つまるところデニール数値が高ければそれだけ太い(重い)と言える
ただ素材によっては比重が変わるため、一概に数値が高いから太いとも言い切れない
現在の規格ではPE1号=200dである
また強度公式は

号数 × 20 = 強度(lbs)
強度 ÷ 20 = 号数

だが、コレはあくまで目安であって正確ではない
定められている基準がデニールであるため、極細で強度もあり重量が軽いラインが開発されればD数値が低く強度が高いラインとなり必然的に1号=200d=???lbsとなる
ややこしくなるのでこれ以上の説明は省く

・オモリの単位(重さ)

オモリやルアー重量の単位である号・グラム・オンスである
バス釣りをメインにされている方はオンスは馴染み深いと思う
他の魚種では号やグラムであるが、じゃぁ1号は何グラムで何オンスなんだ?

オモリの単位1号は1匁であるとされている
1匁は3.75g
つまり10号で37.5gである

次にオンス(oz)は1oz = 28.35g
大体1oz = 7.6号(28.5g)である
面倒だから8号1ozでいいやもう・・・

さらにozとgの換算は以下になる
オンス(oz)- グラム(g)
1/32 – 0.89
1/16 – 1.77
1/8 – 3.54
5/32 – 4.43
3/16 – 5.32
1/4 – 7.09
5/16 – 8.86
3/8 – 10.63
1/2 – 14.17
5/8 – 17.72
3/4 – 21.26
7/8 – 24.18

もう覚えるのも面倒くさい
さらに面倒なのはメーカーによっては1ozを大雑把に28gとしたり30gとしたりしている場合がある
もういっその事グラムに統一しろよ・・・

SHIMANO LOVE

今週末、宮沢湖へまた行くぞ!と予定を立てていたもののまたまた雨
ペッ

さて、日曜日にはいつものホームへウキ釣りへ
鮒釣れないかな!宮沢湖の代わりに!!

ハヤ ハヤ オイカワ ハヤ オイカワ あゆぅ ハヤ ハヤ オイカワ ハヤ あゆぅ

アユって何だ!
なんで練り餌で釣れるんだ!!

そんなこんなで日暮れも近づきもうだめかーと思っていると
浮きがズボッと沈む

「鮒だあああああああああ」

これはデカイ手ごたえだ!良いぞ!

ヌゥ~

「鯉だああああああああああ!!!!」

この日使っていたのは鮒釣り用に買ったシマノの爽風12尺硬調
掛かったのは竿の許容量を越えるサイズ、しかもハリスは1号
ぬぅぉおおおお、やらせるか!やらせてなるものか!
魚のダッシュに合わせて竿をコントロール、その細身で力強いロッドはギリギリで耐えてくれた
寄せては離れ、離れては寄せて、竿がねじれてもそのまま踏ん張れる
どれぐらい格闘したろうか、タモでサポートに入ってくれたKさん、タイミングを見て見事キャッチ
結局サイズはそうでもなかったが、本当に久々にガッツポーズが出る一本でした

001

釣りってのは人と魚の格闘、そのやり取りを支える道具
全てがいいバランスで保たれたとき、こういう最高の瞬間を生むんだと
改めて釣りのすばらしさを噛み締める一日になりました
シマノありがとう!Kさんありがとう!!

つり いず わんだふる

暖かな土曜日

祝日からあまり間が空かず土曜日
少しポイントを変えてみました

朝一から餌打ちをし、スパイシーツナとピーチクリームとこれまた前回と同じセットでスタート

001

結果を言うとこの日は一本朝に釣れて終了

002

キャッチタイム 08:10
フーディング:巨鯉+鯉パワー 神通力
フックベイツ:ガルプ カープ ツナ&スパイス 20mm  リグ:ノーマルボトムリグ
フック:SASAME BOIL GX No2 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

その後、バイトアラームが鳴るようなヒットが一回あるが、竿を立てた途端に抵抗が無くなる
あのすっぽ抜け・・・

特に語ることは無い
いよいよ冬が始まったんだろう
とにかくツナスパイスでつれたので良し!

D-Rig making videos

自分的メモも兼ねていくつかご紹介
自作ボイリーするには敷居が高いけどRig(仕掛け)は手作りしなきゃね!!
ってことで、以前このブログでも紹介したD-Rigの作り方動画をご紹介します

この動画ではベイトをつける部分にOリングを使用していますが
ここを小さめのスイベルに代替することが可能です
あとはボトムベイトならそのまま、ポップアップならハリスにシンカー(ガン玉など)を打ちます
ハリスの長さはお好みで、接続部分をエイトノットにすれば完成・・・

ベイトの付け方まで動画で乗っていれば完璧だったのですが・・・文字で説明すると
余剰のナイロン糸をスイベルに通して輪を作りニードルでその輪にベイトを通す
余ったラインはライターであぶってベイトの頭に押し付けるようにすれば完成です

我がホームの多摩川では本当に釣果に恵まれることが少ないPOP-UP Rigですが
故にロマンを感じるリグでもあります

北風と太陽

さて、今回の週末は土曜日に釣行

この日、気温と風もまぁまぁ予報でしたが
曇りで気温も上がらず風も冷たくまるで真冬の様子
ウキ釣りしたくて稲田堤の堰上へ
水深もあり、流れも緩いと前回釣行で予測して行ったのですが
予想以上に深い
15尺でも底を取れず、水温も低いため底以外じゃ望めない様子
早々にあきらめて堰下へ
あの浅いポイントですがやはり釣れる
鯉っ子3匹と普通鯉が1本
・・・・だが走らない!本当に走らない
いつものホームなら鯉っ子ですら糸鳴りがするぐらい走るのに
ヌーっと上がるだけでなんとも腑に落ちない感じ・・・

日曜日は体調不良で一日休み

そして本日祝日の火曜日
いつものホームで投げ釣りオンリー釣行
この日からちょっと試したかった事を実行してみた
本来寄せ餌はPVAバッグに詰めて打っていたのですが、今日からは遠投カゴを利用してフィーディングを行うことに
ボール一杯作って詰めては投げ詰めては投げ詰めては投げ
ひたすらポイントに打ち込んでからじっくり待ち
これが正解したのか、5本の絶好調

001

キャッチタイム 07:37
フーディング:巨鯉+鯉パワー 神通力
フックベイツ:メインライン ピーチ&クリーム 15mm  リグ:ノーマルボトムリグ
フック:SASAME BOIL GX No4 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

002

キャッチタイム 09:30
フーディング:巨鯉+鯉パワー 神通力
フックベイツ:メインライン ピーチ&クリーム 15mm  リグ:ノーマルボトムリグ
フック:SASAME BOIL GX No4 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

003

キャッチタイム 10:30
フーディング:巨鯉+鯉パワー 神通力
フックベイツ:メインライン ピーチ&クリーム 15mm  リグ:ノーマルボトムリグ
フック:SASAME BOIL GX No4 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

004

キャッチタイム 10:45
フーディング:巨鯉+鯉パワー 神通力
フックベイツ:メインライン ピーチ&クリーム 15mm  リグ:ノーマルボトムリグ
フック:SASAME BOIL GX No4 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

005

キャッチタイム 13:15
フーディング:巨鯉+鯉パワー 神通力
フックベイツ:メインライン ピーチ&クリーム 15mm  リグ:ノーマルボトムリグ
フック:SASAME BOIL GX No4 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

全てピーチクリームでのヒット
ガルプのツナスパイスを持って行ったのですがこちらはアラームが鳴るだけでノーヒット
後で分かったのですが、だいぶ亀にかじられた様な痕がありこれが原因か・・・?
とにかくキャッチしたのは全部スイーツ系、完全に冬支度の始まった感じである

ポイントは遠め
この場所は沖が浅く、手前に向かって深くなる
沖でヒットするって事は水深の浅い場所で釣れている事になる・・・のだが
冬モードにしてはなぜ浅いところで釣れるのか?
単純に考えれば浅い場所は水温変化が起きやすく、今日は日が出ていたため浅い場所が真っ先に水温が上がる
鯉も日向ぼっこしたくて浅場に集まった・・・ということだろうか

はてさて、来週はどうなることやら