Easy

こんにちは

NO FISH MANことJUNです

とまぁ、今日のブログは上の一行が全てです。はい。

土曜日
仕事が無くなり所用で出かけてからちょっとだけ登戸
いやー相変わらず厳しいの一言
ブッ込み組みは好釣果なので魚は流芯に居るのは確実なわけですが
どうも岸近くには来ていない
まぁいい、本番は明日だ明日

で、日曜日
稲田堤の堰上でWさんと久々の釣行
稲田堤は知っている場所だったがここまで堰に近づいての釣行は初めて
着いてすぐに笑いが漏れる
強い北風で水面が波立ち、岸には波が打ちつけバッシャンバッシャン


の文字が頭に浮かぶ
海かここは・・・

001

ご覧の有様で
まぁ水の中は多少うねっても関係ねぇだろ!!
一匹ぐらいはゲットしてやるぜHAHAHA
とWさんに言ったものの、相方が3本釣って自分はBOUZU
水温を考えてピーチクリームとエッセンシャルIBでスタートするも結果が出ず
アロマティックフィッシュとスパイシークラブに切り替えるが空振り
・・・うーん、どうもフックベイツのインパクト不足な気がする
鯉釣りにおいて冬、水温が下がると鯉の活動範囲が狭まり活性も下がる
ともすれば溜まっている場所に餌を打ち込むか
強烈な臭いなどで寄せるしかないわけで・・・
なんて考えているといつものホーム組みから「イージーだよJUN君、イージー!!」
とラインが飛びまくってくる
折れかけの心がさらに折れる、止めてください死んでしまいます

子供の頃
冬の多摩川で鯉を釣るというと大鯉やスイミーにチューブにんにくを一本混ぜたりして
とにかく臭いを強烈にしていた思い出があります
去年の真冬はバナフィーで釣果を稼ぎましたが今年はどうだろう
バナフィー自体が品薄で他のボイリーに頼るしかないかな
また寄せ餌にもひと工夫必要な気もします

しっかりPDCAサイクルを意識して釣りをせねば・・・

余談
隣でお父さんと子供がコンパクトロッドで変わった仕掛けで釣りを始めた
少し気にかけていたがお父さんが居ない間にどうやらヒットしたらしく
お子さんがしっかり当たりを見て、ロッドをあおって合わせる!
しっかりフッキングしたらしくファイトしていて
大丈夫か?とWさんと声をかけたところ網!網ちょうだい!
しかし彼らが持っていた網は小さくとても鯉は取り込めない
自分の網を取りに走ったところでハリス切れ
しっかり岸際まで寄せてのバラシであった
まだ1年生ぐらいの子供だったが、魚とファイトする姿はなかなか様になっていた
将来が楽しみなお子様だ

広告

新体験

さて、予告どおり新しいポイントへ
というのはココである、稲田堤の堰直下

001

以前見たとき水深も有りそうだったのですがやっぱりココも浅い
ここもじき腐海に沈むのか・・・

朝一から開始して結果はお昼までで5本
釣れる、激浅だけど釣れる
足場もドロドロで魚を上げる度に泥が跳ねる
だが釣れる
服まで汚れてスマホ死守のため魚はさっさとお引取り願った
だが釣れる
なんとも落ち着かない釣り場だ・・・
だが釣れる!!
※この日が調子良かっただけという事もありえる

002
釣れるという事以外にも収穫はあった
自分が釣っていた場所の向かいに中洲があるのだが
コレに渡ることが出来るということ、そしてその中洲側は水深が2m以上ある場所がある
対岸は砂利場だし傾斜はあるけどこちらよりは釣り易そうだ
リールでユーロスタイルも十分釣果を望めそうだし
次回はこっちにいってみるか・・・

003

この近辺で水深がありそうなのは以下のポイント
この日もヘラ釣りの方が多数見えてました

004

その後ホームポイントへ行きましたが
やはりウキ釣りは厳しい状態
ただ、本流はポイントをしっかり抑えれば釣れる状態が続いています

はてさて来週はどういう結果になるかな

いつものホーム

三連休いかがだったでしょうか?
土曜は仕事、日は午後から少しだけ、月曜はマッタリ出撃でした

さて、日曜日。
所謂狛江ワンドと呼ばれる場所に行ってきました
噂では止水部分が決壊して支流になり、せっかく工事で盛った土砂が流れ込み浅くなっている・・・と
何事も自分の目で見たくなる性分なため
浅くても釣れるだろwwww行くぜwwwww

01

これが

02

こうじゃ

浅っ!
まだ決壊前に行った事があるがその頃は水深2m以上
この日水道橋下に言ったら水深1mあるかないか
少し水深が有りそうな所も川岸がえぐれてとても釣りが出来るような岸になってない
お金と時間をかけて整備してもこんなもんである
ホームのお友達であるMさんやKさんが工事中に
「1年持てば良いな」
と言っていたが、半年持たなかったわけで・・・・

で、その日は結局いつもの場所へ行って鯉っ子祭り
新しい竿を伸ばしてしっかり魚をかけて満足の一日でした

そして月曜日はリールを出して本気の鯉
釣果は1匹2本

05

キャッチタイム 12:00
フーディング:巨鯉+アロマティックフィッシュ
フックベイツ:メインライン アロマティックフィッシュ 15mm  リグ:ノーマルボトムリグ
フック:SASAME BOIL GX No2 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

06

キャッチタイム 15:10
フーディング:巨鯉+スパイシークラブ
フックベイツ:メインライン スパイシークラブ 15mm  リグ:ノーマルボトムリグ
フック:SASAME BOIL GX No2 ハリス:FOX CORETEX WEEDY OLIVE 20lb

だいぶ草も枯れてきたのでブルーシートをランディングに使用
まだまだ動物性の餌が好調
他の方の釣果も同じ雰囲気でどうやらザリガニやエビなどの甲殻類が良いようで
多摩川の鯉もエビなどを好んで摂取している様子
まぁ同じ餌でやっててもアタリが遠のきそうなのでまた色々試してみよう

さて、次の週末は他県へ人生初の本気でヘラブナ釣り遠征
天候も持ちそうなので今から楽しみです!

鮒祭り終了のお知らせ

早いよ・・・
先週までは時間さえ来ればほぼ入れ食いでヒャッハー!してたのに
今週はまるでダメ・・・・
来週から考えないと・・・

ということで今週の釣行報告
土曜日は稲田堤でウキ釣りしてやろうと買い物をして川を見に行く

001

浅っ!
いや知っていたけど、さらに浅くなってる
水底が見えますよね?この深さ1mもない、というか50cmあるかすら怪しい
これがずーっとですよ。川の真ん中まで
しかもこの日は水が澄んでいて竿を出したところで釣れる気もしない
稲田堤はもはや堰周辺以外ではまともな釣りが出来ないっぽい・・・

ということでそのままホームへ
早朝からがんばっている皆様と合流
相変わらず本流に打ち込むユーロ仕掛けは好調なようで・・・
自分は鮒祭りを期待してウキ釣り
が、待てど暮らせど何の反応もない
おし来た!と思ったら鯉 ビューッ プチッ

日曜日
この日も相変わらず小魚は多数居るが鮒の感じが無い
002

前日に届いた万力と竿掛けをチェックするだけで満足
そして待ちに待ったいい当たり!
ヌルッと合わせると重い、ゴミか?と思ったら見慣れたデカイ顔で肉厚の唇をパクパクしてる
デカイよ!こっちはハリス0.8号だよ!!
ここの鯉でたまに見られるのが、サイズが大きくなるほどダッシュせずボーッとした動きをする
漫然とラインを引っ張り、必死で逃げる感じも無く
たまに気が向いたらゆっくりと反転して潜って行く
しばらく引っ張りっこをして プチッ

この日はこれで終了

果たして鮒の季節は終わってしまったのだろうか
まだまだ気になる点もあるし、来週は少し手を変えて戦ってみよう

オマケ

003

自分はもちろんヘラ台なんて持ってないわけで
竿掛けはこうやって固定しました
いつものミニ三脚に檜の板を結束バンドで固定、そこに万力を固定しています
これが思いのほかしっくりくる
コンパクトチェアの座高に合わせて三脚を調整できるし
ちゃんとオモリを三脚に垂らせばしっかり固定される
持ち運ぶ荷物もコンパクトになりますし、最高ですわ